大塚愛とSUが離婚!!原因は不倫相手からの嫌がらせ?

Pocket

歌手の大塚愛さんがSUさんと離婚したようです。

11月21日に、自身の公式モバイルサイトで、11月20日にSUさんと離婚したことを報告していました。

私は大塚愛さんが結婚していたことすら知らなかったのですが、なぜ離婚することになってしまったのでしょうか。

スポンサーリンク

大塚愛とは?

大塚愛さんは、1982年9月9日生まれ、大阪府大阪市出身のシンガーソングライターです。

女優、イラストレーター、絵本作家の仕事もしているようです。

2003年9月10日に、「桃ノ花びら」で、歌手としてメジャーデビューしています。

有名な曲は、「さくらんぼ」、「プラネタリウム」などです。

「プラネタリウム」は、ドラマ「花より男子」のイメージソングです。

SUとは?

SUさんは、1973年11月20日生まれ、神奈川県藤沢市辻堂出身で、ヒップホップユニット、「RIP SLYME」のMCです。

MCとは、ヒップホップミュージックなどで、ラップをする人のことです。

本名は、「大槻 一人(おおつき かずと)」さんです。

2010年6月に大塚愛さんと結婚し、娘が1人います。

SUの不倫相手は誰?

SUさんは不倫をしていたようで、2017年4月に不倫が報じられました。

不倫相手は、SUさんより22歳年下のモデルで歌手の江夏詩織さんです。

江夏詩織さんは、1995年6月5日生まれ、茨城県常陸太田市出身です。

ファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルオーディションでグランプリをとり、2010年から2015年まで「Seventeen」の専属モデルでした。

江夏詩織さんのインスタグラムには批判の声が殺到しているようです。

大塚愛の離婚の原因は?

「幸せな毎日から、耐え難い毎日まで、とても一言では伝えられませんが、子どもの生活を守るために決断したことです」という大塚愛さんのコメントを知った時、コメントに違和感を感じました。

「子供の生活を守る」というのは、不倫をしている父親と一緒にいると教育上よくないということなのかなと思いました。

でも、不倫相手から嫌がらせを受けていたことがわかり、そのコメントが納得できました。

2018年7月に配信リリースされた「あっかん べ」という曲の歌詞に、

「嫌がらせしてくるような あの子はいらない 人生にいらない 真夜中のインターホン お化けじゃあるまいし ある意味お化けだし 白のスカートって」

というものがあり、不倫相手が真夜中にインターホンを押していたことを思わせます。

そして、嫌がらせは「被害届」出すほどだったようで、子供のことを考えれば、離婚という選択は当然の結果だったのかもしれません。

まとめ

2010年6月に結婚した大塚愛さんとSUさんでしたが、2017年4月にはSUさんと江夏詩織さんの不倫報道がありました。

江夏詩織さんは大塚愛さんに対して、「被害届」を出すほどの嫌がらせをしていたようで、2018年11月20日に大塚愛さんとSUさんは離婚しました。

不倫だけでもありえませんが、さらに嫌がらせをするなんて信じられません。

付き合うなら浮気しない人がいいですよね。

浮気しない男性を見分ける方法はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

まあ

20代後半で5年くらい婚活をして、夫と出会い結婚をしました。 婚活中、出会いに繋がりそうなことは何でもやりました。 フルタイムで共働きをしていた時もありましたが、今はほぼ主婦です。