婚活ブログ 筆者プロフィール

Pocket

このブログを書いている人はどんな人なんだろう?自分と似ている部分があるのかな?と思いますよね。
私のことがわからないとこのブログの情報を活用できるかわからないと思うので、私のプロフィールを書きます。

スポンサーリンク

年表

0歳  広島に生まれる
8歳  引っ越しで転校してからいじめを経験する
14歳 アメリカ人の女の子と出会う
18歳 アメリカの大学に行き始める
22歳 初めて彼氏ができる
23歳 アメリカの大学を卒業して、日本で就職する
25歳 1人目の彼氏と別れる
26歳 2人目の彼氏と別れた後、婚活を始める
30歳 夫と出会う
31歳 結婚する

人見知りでおとなしい子供

小さい時からおとなしく、親せきで集まると、「いるのかいないのかわからないくらい静かだよね」とよく言われていました。

人見知りも激しく、友達はあまり多くありませんでした。
どちらかというと1人でいても平気でした。
むしろ「1人でいる=変な子」という周りの認識に嫌気がさしていました。

本当に初対面の人と話すのが苦手で、道に迷っても、知らない人に話しかけるくらいなら自分でなんとかする方がましという感じでした。

いじめられた小学生時代

小学生3年生の時に引っ越し、転校することになりました。

転校してから小学校を卒業するまで、いろんな人からいじめられました。
一番ひどかったのは小学6年生の時で、クラスの女子全員からいじめの対象にされていました。

いじめのことが公になった後、主犯格だった女子数人と担任の先生と私で話し合いをすることになりました。
その時父に言われたのが、「大事な時こそ感情的になるな。冷静にその場を判断して、相手に不利になるように話を進めろ。」でした。

父の教え通りにしたら、相手の女の子達はおとなしくなりました。
それからもここぞという時は、この時の父の言葉を思い出して行動するようになりました。

運命の出会いがあった中学生時代

中学3年生の時は、クラスのどのグループにもなじめず、お昼休みはいつも1人で過ごしていました。
そのせいか、私が行きたかった高校は英語の試験が難しかったせいかはわかりませんが、お昼休みは英語の先生が毎日勉強をみてくれていました。

中学3年生の時、たまたま私が通っていた中学に、アメリカから女の子が転校してきて、友達になりました。
当時、英語を使ったり、ホームステイをしたりするLaboという習い事もやっていて、英語には興味がありました。アメリカ人の女の子と友達になったことで、ますます英語が好きになりました。

それと同時に、海外ならもっと楽しく過ごせるのではないか、人見知りもなおせるのではないかと思うようになりました。
それで、高校で1年間留学して、アメリカの大学に行こうと決めました。


スポンサーリンク

失敗した女子校への入学

異性とも話すのが苦手だったので高校は女子校に行きたい!と思っていました。

中学受験もした女子校の高校を受験したら。。。
試験の数日前に風邪をひき、当日鼻水がとまらず、さらに時計を忘れて、めずらしくその学校の教室には時計がなくて、時間配分が全くできず、その高校は不合格でした。
今となっては笑い話ですが、本当にその女子校とは縁がなかったみたいです。

結局、地元の子が1人もいない県外の共学に行きました。
あのまま女子校に行っていたら、全く異性と話せなくなってしまっていたかもしれないので、共学でよかったと思います。
共学に行ったからといって、彼氏ができたわけではありませんが。。。

勉強ばかりの大学生時代

アメリカの短大に入学した後、4年制大学の経済学部会計学科に編入しました。
アメリカの大学は入るのは簡単と思われがちですが、大学によっては入るのすら難しいです。

大学に編入してからは、徹夜で勉強したことも多くありました。
スタディルームで勉強しながら、夜中に友達とピザの出前をとって食べたのはいい思い出です。

この頃は、英語なら初対面の人とも話せるけど、日本語になるとうまく話せないという感じでした。

精神的に鍛えられた社会人生活

アメリカの大学卒業後、外資系の会計事務所の日本オフィスに就職しました。
そこではひどいパワハラを受け、鬱になりかかった(なっていたかも?)こともありました。

仕事柄、お客さんと話したり、飲みに行ったりしないといけなかったので、人見知りだからと言っている場合ではありませんでした。
ある人に言われるまで気づいていませんでしたが、仕事で鍛えられて、人見知りは克服していました。

現在

多く厳しい条件をクリアした夫と結婚して、4年近く経ちます。

今はほぼ専業主婦のような感じで、その時に興味があり、収入になりそうなことをやっています。
基本的にお金のことを勉強するのが好きで、よくセミナーなどに行っています。

夫は温厚でこだわりがほとんどない人なので、けんかすることもなく、幸せに過ごしています。

まとめ

本当に人見知りがひどく、1人でいることの多い、おとなしい子供でした。

人との出会いや留学によってだんだん変わり、社会人になってから人見知りを克服しました。

こんな私でも婚活をして、理想の人と結婚できました。

夫から見た私の性格はこちら

https://mykonkatsu.net/konkatsublogprofile2/


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

まあ

20代後半で5年くらい婚活をして、夫と出会い結婚をしました。 婚活中、出会いに繋がりそうなことは何でもやりました。 フルタイムで共働きをしていた時もありましたが、今はほぼ主婦です。